サイトメニュー

理想的な顔の大きさにする

医者と看護師

輪郭をすっきりさせる方法

小顔になる矯正施術の種類は、整形外科ごとに異なる方法が選べます。整形外科が独自に採用している方法もあるために、自分の理想的な小顔が手に入る施術方法を探すことが大事です。全国的に多くの人が選択している方法が、ボトックス注入とたるみの脂肪吸引の方法です。ボトックス注入はエラ張りの症状が現れている患者に適した治療法で、エラが張っている部位に注射をして小顔にします。エラの咬筋を収縮させる効果があるために、輪郭のフェイスラインをすっきりとさせて小顔に矯正できます。エラのボトックス注入の情報はたくさんの整形外科のホームページで見ることが可能で、施術を受ける前後の写真で状態を確認できます。輪郭部分に脂肪が付いていて顔が大きくなっている人は、余計なたるみを吸引する施術を選べば小顔矯正が可能です。どの施術が自分に合っているか判断することは難しいので、カウンセリングで専門医に判断してもらってアドバイスを受けてから施術方法を決定します。ボトックスは一時的な効果が現れる施術ですが、脂肪吸引は元に戻せる方法ではないので、じっくりと時間をかけて判断するべきです。小顔に矯正する目的で美容整形に通うときには、クリニックの特徴を把握することが大事です。美容整形はデリケートな施術を行う医療機関なので、患者の精神的な不安を取り除くための空間づくりを心掛けています。従って、待合室では静かに過ごすことが重要で、病院全体の空気を乱すことは避けることが得策です。小顔にする施術は顔にレーザーや注射を打つために、施術を開始する前にメイクを落とす必要があります。つまり、施術の当日には濃いメイクをして来院しても意味が無くなるために注意しましょう。どのような小顔になるのか、施術を担当する医者とのカウンセリングで細かな内容を聞くことが可能です。過去の施術実績などは美容整形ごとにホームページに掲載されていますので、カウンセリングで改めて質問する必要はありません。担当医の実績に不安を感じるときには、カウンセリングだけを受けて別の美容整形の予約を入れることができます。小顔に矯正する整形はコンプレックスを解消するために重大な決断なので、自分自身が納得できる状態で治療を受けることが大切です。